役員メッセージ

リクルートは創業以来、社会に潜むさまざまな不(不満・不安・不便)を解消するために、新しい仕組みやサービスを生み出してきました。その意味で持続可能な社会の実現は、私たちが事業で目指してきたことと何ら隔たりのない地続きのものです。これまでリクルートが取り組んできたことが、サステナビリティというグローバルな共通言語とつながった。持続可能性が強く求められる現代は、リクルートがこの社会に暮らすあらゆる人たちと手を取り合い、より大きなチャレンジへと進むタイミングなのだと考えています。

さまざまな領域でカスタマーやクライアントのお困りごとを解決してきた結果、おかげさまで多くの方々にご支持いただき、スタンダードなプラットフォームとなったサービスもあります。スマートで心地良い体験を提供するために、最新のデジタル技術やデ��タ活用にも積極的です。
その一方で、自分たちがどんなに良かれと思った進化であっても、誰かの可能性が狭まることがあってはならない。すべての人・地球環境にとってポジティブなチャレンジを続けることこそ、プラットフォーマーたる責任だと捉えています。

人権、環境、多様性、機会格差、働き方…。世の中には、解決していかねばならない問題がまだまだたくさんありますが、リクルートが社会課題に向き合う原動力は、ほかでもなく従業員一人ひとりの「なんとかしたい」という思いです。
私自身がかつて携わった要介護者向け「訪問美容サービス」のきっかけも、学生時代に経験した障がい者支援のボランティアで体の不自由な方が美容室に行く大変さに触れ、問題意識を持っていたことが影響しています。また、ヘアサロンを担当する営業スタッフは、美容師の方々が結婚・出産などにより働き方に悩んでいることを、日々の顧客接点の中で見聞きしていました。
社会に潜む問題に気付き、問題の現場に触れ、本質を理解している人の情熱に賭けた方が、取り組みは圧倒的に速く、力強い。それがたった一人の気付きだったとしても、「より良い社会をつくりたい」という志にステークホルダーの皆さまが共感してくだされば、活動は拡がる。これからも私たちは、社会の不の解消に本気で取り組むもうとする個人の情熱に、そしてそこに生まれる共創に投資する会社であり続けたいと思います。

リクルートの事業はこれまでも私たち単体で成立できたものは何一つありません。「今こうなっているものを、こう変えたら笑顔でいる人がもっと増えるのではないか。」そんな私たちの思いに賛同してくださったクライアント企業やパートナーの方々がいたからこそサービスが誕生し、共感し期待を寄せてくださったカスタマーの皆さまがいたからこそ、サービスは持続・拡大できました。だからこそ、これからも私たちは、関わるすべての人々とともに新しい価値を創造しながら、社会の仕組みをより良く変え続けたい。そのためのチャレンジを続けてまいります。

株式会社リクルート
執行役員
柏村 美生

リクルートのサステナビリティ方針

リクルートグループのミッションである「まだ、ここにない、出会い。より速く、シンプルに、もっと近くに。」の実現に向けて、事業を中心とした企業活動全体で持続可能な社会へ貢献し、当社の持続的な成長を目指すことを経営戦略の一つと定め、「行動指針」と「5つの重点テーマ」を設定しています。

行動指針
  • 企業活動全体を通じて地球環境や社会にポジティブなインパクトを与える。
  • 全てのステークホルダーとの共栄を目指す。
  • 企業活動を、健全なガバナンスのもとに進める。

5つの重点テーマ

リクルートへの期待、そして我々の事業領域から、
影響力の高い5つのテーマを設定し、重点的に取り組みます。

「人権の尊重」

人権の尊重なくして、私たちのビジョン、「一人ひとりが輝く豊かな世界」の実現はない。グループで掲げた人権方針と倫理綱領に基づき、多様なステークホルダーの人権を尊重する企業であり続けたい。

「環境の保全」

地球上に存在する私たちの共通使命として、この惑星の環境を時を超えて保全しよう。私たちは、自らの影響力を把握し、気候変動、資源の保全、生物多様性などの環境負荷削減に取り組むとともに、環境に配慮したライフスタイルを社会に向けて啓発する。

「多様性の尊重」

私たちは、人と人のあらゆる違いを大切にする。それは私たち自身に対しても、社会に対しても。なぜなら私たちは、一人ひとりが違うこと、その差異が価値を生むことを信じているから。違いを認め合い、創発する社会をつくっていく。

「機会格差の解消」

私たちは信じている。「自らの人生を、自ら選択できること」は幸福であると。だからこそ「機会格差」をなくすことは多くの人々に新たなチャンスをもたらす。ユーザーとクライアントの両者を結び付ける事業活動を通じて、世界中の機会格差を解消しよう。

「働き方の進化」

仕事とは何か。働くとは何か。求人広告事業から始まった私たちの歴史は、世の中の「働き方」を考える過程でもあった。私たちはこれからも、より良い働き方とは何かを考え、そして働き方の概念を変えていく。全ては個が生きる社会のために。

サステナビリティ重点テーマの策定方法について

重点テーマを策定するにあたって、国際NGO・サステナビリティ専門組織などの多様なステークホルダー約70名の方とのダイアログを通し、リクルートに期待する社会課題についてさまざまなご意見を伺いました。そのご意見を基に、SDGsの国連総会文書および169個のターゲット、17項目のアジェンダに照らし合わせ、人権を含めた18項目をプロット。その上で、ステークホルダーからの期待や経済的・環境的・社会的影響の観点から事業との関連性を考慮し、テーマを選定。社内外のステークホルダーからのレビューを経て、重点的に取り組むべきテーマを設定致しました。