アンケートから見る工場バイト 実情をアンケートで探ってみよう!

  • Question1

    1ヶ月にどのくらい
    稼ぎましたか?

    1万未満:4% 1~3万:5% 3~5万円:19% 5~10万円:21% 10万円以上:51%

    月収として一番多かったのは「10万円以上」で約半数以上を占めました。勤務ペースとしては、1日8時間ほどで週5日勤務と回答している人が多く、フリーターを中心にフルタイムのアルバイトとして人気のようです。夜間を中心に働いていた人だと、毎月20万円以上稼いでいたと回答した人が多かったのも特徴的でした。

  • Question2

    髪型服装に制限は
    ありましたか?

    なかった:57% あった:28% 髪が帽子に隠れればOKなど、条件付きでOKだった:15%

    「服装・髪型についてルールがあったか」という質問について、約半数が「なかった」と回答しています。工場バイトでは比較的、自由なスタイルでお仕事ができるようです。また、「あった」と回答した人の場合は「長髪・金髪がNGだった」という声が多数寄せられました。自由にお洒落を楽しみたいという人は、応募の際に採用担当者に服装・髪型に関する規定について、事前に質問しておくと安心でしょう。

  • Question3

    主として働いた
    時間帯は何時頃ですか?

    朝7:00~12:00:48% 昼間/12:00~17:00:36% 夕方/17:00~22:00:11% 深夜~早朝/22:00~翌7:00:5%

    主に働いていた時間で最も多かったのは「朝7~12時」。続いて「12~17時」と、日中の勤務帯に人気が集まりました。同時に、「日勤と夜勤のシフト制だった」または「日勤・夜勤どちらかが選べた」と回答している人も多くおり、「たくさん稼ぎたかったので、夜勤シフトにしていた」と、収入面を考えてシフトを調整していたとの声も寄せられていました。工場バイトを選ぶときは、自分のライフスタイルとよく相談して、働き方を見つけてみると良いでしょう。

あなたにオススメの工場バイトの探し方

あなたにオススメの工場バイトの探し方

ものづくりに興味がある人にも人気の工場バイト。工場バイトと一言にいっても、業界によって作るものは様々。業務内容にもいろいろなものがあるので、自分の興味にあった内容の仕事を探すのがオススメです。いろいろな作業が組み合わさって大型の製品を作る現場を体感したい人には、自動車や家電といった分野でのバイトがいいかもしれません。自動車工場などは、期間限定で募集をかけているところもあるので探してみましょう。重いものを持ったりする作業が不安な方は、化粧品や薬品、PCやスマホ関連でのバイトが、比較的そういった作業が少なく向いているでしょう。検品や包装などの仕事が中心になります。また、細かい作業が得意な人や集中力に自身がある人は、顕微鏡などを使った製品検査のアルバイトが働きやすいでしょう。気になる分野が決まったら気を付けてみておきたいのが、時給やシフト体系です。同じような仕事内容でも工場によって条件が異なる場合があるので、複数比較することでより働きやすい環境を見つけられる場合があります。

体験談

  • 高校生

    工場での作業は仕事に集中し、黙々と進められる点がよかったです。あまり目立たない仕事ですがそこが好きという方にはもってこいです。
    やりがいと感じる所は、ただの鉄の塊が歯車やネジなどちゃんとした製品にできあがる過程を見る事ができることです。日常の生活の中で使っているどんな物も、小さな部品からなっており、製造業なくして生活は成り立ちません。店に行けば完成された製品を見る事は出来ますが、作られている工程を見ることが出来るのは工場ならではだと思います。
    働いていて大変だったことは、単純作業などでも一日中気が抜けないことです。気を抜いた分、品質の低下や事故につながり集中力が必要です。品質を維持し続けることも大切なため、バイトであっても先輩に教えてもらいながら精巧な技術を身につけることが必要とされ、自然に技能が身につきました。工場でのバイトがきっかけで、進路選択でも製造業で生計を立てるための学校を調べたいと思いました。

    高校生
  • フリーター

    自動車部品の製造工場で働いていました。男性ばかりの職場でしたが、気軽に世間話できる人が多くすぐ溶け込めました。休憩中は世間話で盛り上がったりして楽しかったです。週末になると先輩の方に飲みに連れて行ってもらいました。そこで職場の不満を聞いてくれたり、仕事のアドバイスをくれたりしました。
    2交代勤務で夜勤もあり交代手当と深夜手当が付きました。ライン作業なのでずっと立ち作業です。それに2交代勤務で日勤と夜勤が1週間で交代なので、体調を整えるのが大変でした。しかし、残業代も1時間単位で付いたので給料も比較的良かったです。
    働いていて良かったと思うことは、やはり日本の製造業の技術力を知ることができたことです。実際に製造業に携わると日本のスゴさが実感できます。私生活で他国で製造された物と比べると日本の技術力の高さを実感し誇らしい気持ちになります。知人などにも「私がこの車のこの部品を作っている」と話すと、すごいとほめられることが嬉しかったですし、やりがいを感じました。

    フリーター
  • 主婦

    大手電機機器メーカーの製造部門で働いていました。私が働いていたラインは、普段何気なく使用している家電製品から公共の建物に納める機器まで、様々なものを取り扱っていました。それまで何気なく使用していたものがこんな風に作られているのかと、しみじみと感じたものです。
    仕事を覚えるにあたり、専門用語や専門の部品などの種類が多いことには苦戦しました。一見同じように見える部品も実は違っていたりするのです。また、作業環境によっては匂いが体にしみついたり、肌が汚れたりすること、作業内容によっては怪我をする危険があることもありました。それに、発売日が決まっている場合は納期を遅らせることができないため、とにかく間に合わせることが大変でした。そんな中でトラブルが起こることもあり、効率的にトラブルに対応する能力はついたと思います。
    私の場合この業界で働いて良かったことは、自分の気持ちの持ち方や今まで当たり前と思っていたものへの感謝の気持ちを感じるようになったということです。ものづくりを通して内面が成長したのかもしれませんね。

    主婦

よくあるQ&A

  • 高校生や女性のバイトの方もいるのでしょうか?

    工場バイトでは、高校生や女性も多数活躍しています。工場バイトは、与えられた仕事にコツコツ取り組むことができるかどうか採用のポイント。そのため、高校生でも女性でも、仕事を覚えて一生懸命取り組むことができる人であれば、採用される傾向にあります。工場バイト未経験者でもOKという募集もあるので、積極的に探してみましょう。もしいきなり長期で働くのが不安な場合は、1日だけや短期間だけの募集が出ている場合もあるので、まずは試してみるのもオススメです。また、分野や業務内容によっては、男性よりも女性が多く活躍している工場もあります。基本的には屋内での作業になるので、検品やそれほど大きくない製品のライン作業などであれば、女性でも体力的に無理なく働くことが可能です。加えて、工場バイトはシフト性のところが多く、残業なども少ないと言われています。そのため、工場側と上手く調整できれば、子育て中の女性��も働きやすい職場といえます。

  • 工場は独特の世界観があるような気がしますが、
    工場特有の人間関係での悩みはありますか?

    工場バイト特有の人間関係での悩みは、特別ないといえるでしょう。工場バイトでは、人づきあいをするのは、仕事の前後や休憩時間だけというところが多いです。他の仕事と比較してバイト同士がコミュニケーションを取る機会が少ないので人間関係で問題が生じることが少なくなっています。
    ただし、全くコミュニケーションをとらないというわけではないので、皆が快適に仕事ができる人間関係を築こうと考えることは大切です。上司や同僚には、きちんと自分から挨拶をしたり、教えてもらったことは素直に聞くようにしましょう。その際、工場バイトで気を付けておきたいのが、相手の立場に関係なく、周りの人と付き合っていくことです。アルバイトやパートの人が、管理職の立場にある人よりも仕事を理解していることがあるので、よく仕事を教えてもらえる関係を築きましょう。
    また、工場バイトと一口に言っても、分野や業務内容によって職場の雰囲気は様々です。アットホームな職場もあれば、ビジネスライクな職場もあります。これはどのバイトにも共通することですが、面接の際などに気を付けて観察してみるのも、自分にあった職場を見つけるポイントです。

  • やはり、高い時給のバイトはきつく、安い時給のバイトは楽なのでしょうか?

    高い時給のバイトがきつく、安い時給のバイトが楽だと一概には言えません。工場バイトは、分野や工場によって、時給や業務内容が異なります。たとえば、自動車などのモーター系の製造は体力的に大変だと思われがちです。しかし、任されるラインによって「ネジをつける」「タイヤをつける」「検査をする」など作業内容は異なり、時給が同じでも作業内容や難しさ、体力的な大変さが異なります。また、精密機械系の検査など肉体的な負担は少なくとも、集中力が必要とされる仕事などは、時給も高い傾向です。体力的に自信がない場合も、工場や作業内容によっては稼ぐことができるので、自分の得意不得意に合わせて仕事を選ぶとよいでしょう。工場バイトは、勤続年数が長くなってラインなどの責任者に昇格したり、資格を取得したりすることで時給が上がることもあります。さらに、仕事内容によらず深夜や早朝の時間帯など、シフトによっては時給が高くなるので、たくさん稼ぎたい人は働く時間帯を選ぶとよいでしょう。

面接のコツ 面接は事前の準備から始まっている

  • ここが見られる! 話し方

    志望動機

    初心者でも始められるものから、資格が必要なものまでさまざまですが、誰でも簡単に面接に通るわけではありません。なぜ工場の仕事に興味を持ったのか、志望動機をきちんと話せることが大切です。面接を受ける工場の製品などについて、魅力的に思っている点や自分との関わりを交えて話せるとよいでしょう。また、工場バイトは黙々と作業をしなければならないことも多いです。与えられた仕事にコツコツ取り組める性格であることをアピールしてください。

  • ここが見られる! 服装

    服 装

    実際に始めると、制服があるところも多いですが、面接の際には身だしなみを整えていくことが大切です。なかでも、食品関係や検品作業をする工場などでは、アルバイトといえど清潔感が重視されます。スーツほどかしこまる必要はありませんが、ジーパンなどのカジュアルすぎる服装は避けましょう。襟付きのシャツやジャケットなどが好印象です。女性でも、露出の多すぎる服装や派手な化粧、ネイルなどは避けることをおすすめします。服装から、真面目に働ける人柄であることをアピールすることがポイントです。

  • ここが見られる! 筆記試験

    注意事項

    分野にもよりますが、深夜も稼働している24時間制のところが多いです。そのため、シフトも早朝、日勤、夜勤など様々。工場側としては、なるべくフレキシブルにシフトに入れる人を求める傾向にあります。早朝や夜勤など、人が集まりにくい時間帯に働けると好印象です。自分の都合と照らし合わせたうえで、なるべくたくさんシフトに入れることを伝えるとよいでしょう。また、工場バイトでは一見地味で単調と思える作業を、集中して持続できることも大切です。真面目に仕事に取り組む姿勢をアピールしてください。